ボトルフラワーの特徴と誰でもできる簡単な作り方!

お知らせ コラム
ボトルフラワーの特徴と誰でもできる簡単な作り方!
結婚式のブーケや贈られた花束などの花を瓶に閉じ込めることで、花の美しさをそのままに楽しむことができるボトルフラワーを知っていますか?

生花やハーバリウムとは違う趣きで見た目も可愛く、お手入れが簡単なため、ご自宅用のインテリアや大切な人への贈り物(ギフト)におすすめのアイテムとして注目を浴びています。

この記事では、ボトルフラワーについてや作り方、ギフトの選び方など詳しくまとめています。

ボトルフラワーとは

ボトルフラワーとは、シリカゲルを使い乾燥させた花を透明な瓶などガラスに密封させたものを言い、半永久的に楽しむことができます。

また生花の色に近いまま残せることから、プリザーブドフラワーと間違えてしまう方もいます。同じように見えるかもしれませんが、ボトルフラワーとプリザーブドフラワーでは、加工方法が違います。

プリザーブドフラワーは脱色液を使用し生花の色を抜き、染色用液で着色することで生花のような色合いや人工的な色合いに加工することができるのが特徴です。ただプリザーブドフラワーにできる花が限られることや生花よりも脆くなるなどのデメリットがあります。

ボトルフラワーは、花をシリカゲルで乾燥させるためナチュラルな加工になり、生花に近い色が残せます。桜やラナンキュラスなどの花びらが薄い繊細な花も綺麗に仕上げることができるのが特徴です。

 

ボトルフラワーの特徴メリット

花を長期間、楽しめる

ボトルフラワーは、乾燥させた花を透明な瓶などガラスに密封するため、湿度の影響を受けることがありません。そのため花の色合いやグラデーションを長い期間楽しむことが可能です。

色鮮やかな状態を維持しやすい

ボトルフラワーは、シリカゲルを使用して乾燥させるため、本来の色を残しやすくなっています。

そのため結婚式のブーケや贈り物・想い出の花束をボトルフラワーにすることで色鮮やかな状態の花を維持しやすくなっています。

お手入れが簡単

透明な瓶などガラスに密封しているため、お手入れは容器に付いているホコリや汚れをさっと拭くだけになります。

水やりが必要ないため枯れる心配がありません。花や葉っぱについたホコリを払ったりする手間もなくお手入れが簡単です。

 

ボトルフラワーの作り方

用意する材料

引用:きらめきハーバリウム

  • 透明なプラスチックやガラスなど蓋つき瓶
  • 用意した瓶に入るサイズの生花
  • シリカゲル(乾燥材)
  • タッパーなどの容器
  • スプーン
  • ピンセットまたは竹串

※蓋を台座にしたボトルフラワーの場合は、「ワイヤー」「フローラルテープ」「セックブリックまたは紙粘土」「グルーガン」「接着剤」などが追加で必要になります。

生花以外は、100均で用意することができます。シリカゲルもダイソーとキャンドゥには、ドライフラワー用が置いてあります。

作り方

1. シリカゲルと花を容器に入れる

用意した容器にシリカゲルを敷き、その上に花をのせます。この時に注意点が何点かあります。

注意点1 花の向きに気を付ける

桜やマーガレットのような花びらが平面状になっている花は、茎が上になるように逆さに置きます。つまり写真とは、逆の向きで置くようにします。

薔薇やカスミソウ・スターチスのような立体的な花は、写真のように茎をシリカゲルに差し込むように置きます。

注意点2 花と花の間には、すき間をあける

花と花が重なったりすると花びらの形の崩れや傷、しっかり乾燥が出来ないこともあるため、必ず花と花の間にはすき間をあけるように置いていきましょう。

注意点3 シリカゲルは粉末タイプ

シリカゲルには粒タイプと粉末タイプの2種類がありますが、粉末タイプを使用するのがおすすめです。

粒タイプですと花びらのすき間にしっかりシリカゲルを入れることができないため、うまく乾燥できずカビが生えてしまうこともあります。さらに花びらにシリカゲルがつき、花びらがデコボコになる場合もあるため、粒タイプはおすすめできません。

2.花をシリカゲルで埋めていく

花が見えなくなるまでシリカゲルで埋めていきます。この時に竹串やスプーンを使って花びらの形を整えながらシリカゲルを少しずつ入れていきましょう。

花びらのひとつひとつにしっかりとシリカゲルが行き渡るようにするのが重要なポイントです。

花が見えなくなるまでシリカゲルを入れたらフタをして乾燥させます。花の種類や量によって差はありますが、だいたい1週間〜2週間ぐらいが目安になります。

3.容器から花を取り出す

容器から花を取り出す時は、写真のようにシリカゲルを別の容器に流し、ピンセットで花が壊れないように優しく取り出しましょう。

シリカゲルを流さずにピンセットで無理やり取り出そうとすると花びらが破れたり、形が崩れたりする場合があります。

また乾燥させた花をすぐに使わない場合は、容器にシリカゲルを入れ、乾燥させた花が重ならないようにシリカゲルの上に置き、蓋をして保管しましょう。保管する容器にシリカゲルを入れないと湿気で色褪せや花びらが萎れてしまう原因になるためです。

4. 乾燥させた花を瓶に入れていく

瓶に入れてくだけで完成するボトルフラワーと蓋を台座にして作るボトルフラワーの2種類があります。

瓶に入れてくだけのボトルフラワー

乾燥させた花を瓶の底から色のバランスを見ながら入れていき、最後に蓋をして完成になります。瓶に入れるだけのため、初めての方にもおすすめの方法になります。

綺麗に作るポイントとしては、長いピンセットを使用すると長いタイプの瓶でも花びらを折ることなく花本来の姿の状態で作成することができます。

蓋を台座にしたボトルフラワー

出典元:FLOEWR EDUCATION JAPAN

蓋に台座になる部分を取り付けます。台座になる材料の「セックブリック」や「紙粘土」などをグルーガンや接着剤で接着させます。

出典元:FLOEWR EDUCATION JAPAN

茎が短いもの、柔らかいものは、写真のようにフローラルテープでワイヤーを固定するとアレンジがしやすくなります。もし茎が固い種類であれば、ワイヤーで固定する必要はありません。

出典元:FLOEWR EDUCATION JAPAN

バランスを見ながら台座にドライフラワーを挿していきます。

ポイントとしては、容器を付けたときに花が当たらないかどうか確認しながら作業を進めることです。

出典元:FLOEWR EDUCATION JAPAN

容器内に綺麗に収まったら、接着剤で容器と台座のフタの部分を湿気が入らないように接着します。これで完成になります。

写真のようにレースを使って飾ると可愛さが増しますよね。ぜひオリジナルのボトルフラワーを作る時に参考にしてください。

 

ギフトに適したボトルフラワーの選び方

お手入れの必要もなく、置くだけで簡単にインテリアとして華やかにしてくれるボトルフラワー。

ボトルフラワーには、花の種類・色や瓶の形などさまざまなタイプの商品があり、「どれを選べばいい?」「プレゼントとして喜ばれるのはどれ?」と悩まれている方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、自分用はもちろん大切な方へ贈るボトルフラワーを選ぶ際の大切な3つのポイントをお伝えします。

1. 花の種類で選ぶ

ボトルフラワーは、花の種類や大きさで印象が変わります。例えば、小さい花を使用したボトルフラワーは可愛く優しい印象に。逆に大きな花を使用した場合は、インパクトがあり華やかな印象になります。

2. 色で選ぶ

贈る相手の好きな色、好きな色がわからない場合は、イメージに合わせて贈ってみてはいかがでしょうか。色のイメージとしては「白は純粋」「黄色は元気」「赤は情熱的」「青は冷静」「紫は信頼」などがあります。

3. 容器の形状で選ぶ

容器の形状によって印象が変わってきます。例えば、定番は細長い形状やドーム型になります。丸みを帯びた容器であれば可愛らしい印象、四角く厚みが薄いタイプは、まるで絵画のようなスタイリッシュな印象になります。

 

通販でおすすめのボトルフラワー

ここからは通販で購入できるおすすめのボトルフラワーを紹介します。

アンティークのようなボトルフラワー

引用:キングセレクション

国内生産で一つ一つ手作りしている、アンティークのような色合いが特徴的なボトルフラワーになります。

6種類から選ぶことができ、贈る方に合わせてカラーを選ぶことができるためギフトやプレゼントにおすすめです。

また横9㎝×高さ12㎝と写真のイメージよりサイズが小さく、インテリアとして邪魔にならないため複数贈る方もいらっしゃるようです。

LEDで照らす幻想的なボトルフラワー

引用:フラワーギフト ハナミーツ

LEDライトをボトル内に内蔵しているため、一般的なボトルフラワーではないものをお探しの方におすすめの商品になります。

ライトを付けずそのままインテリアとして飾っても可愛いですし、ライトを付けて幻想的な空間を楽しんでみてはいかがでしょうか。

またライトは、電池式のため好きな場所に飾れるのがメリットです。

ボトルフラワーとティーパックのセット

引用:ティーライフ

オリジナルブレンドされたティーパックがセットになっているボトルフラワーです。

ボトルフラワーだけでは贈り物として物足りないと感じている方におすすめの商品です。

ドライフラワーとプリザーブドフラワーを使用しており、お花のプロが一つ一つ丁寧な手作業で製作されているため同じ商品がありません。小さいながらも存在感がある可愛いボトルフラワーを大切な方に贈ってみてはいかがでしょうか。

他にはないオリジナルなボトルフラワー

引用:ボトルフラワー アトリエ Ryoko

ここのサイトでは、他ではあまり見かけない「タンポポの綿毛」「桜」「ネモフィラ」「かすみ草」のボトルフラワーが販売されています。

仏花以外は、一つの花だけのボトルフラワーになっていてシンプルなデザインですが、どこか暖かく心が癒される。そんなラインナップになっています。

定番のボトルフラワーを持っていたり、人と違うものを好んでいる方へのギフト・プレゼントとして贈ってみてはいかがでしょうか。

洋蘭のボトルフラワー

引用:森水木のラン屋さん

胡蝶蘭などの洋蘭を贅沢に使ったボトルフラワーになります。

洋蘭生産農家から咲きたての洋蘭を直接加工しているため、生花の色をそのままに半永久的に上品で優雅な空間を楽しむことができます。

洋蘭をボトルフラワーにするのは難しいと言われていますが、世界的にも珍しい胡蝶蘭などの洋蘭のボトルフラワーをギフトまたはプレゼントとして贈ってみてはいかがでしょうか。

高価なボトルフラワー

引用:ReineDeFleur

ここまで紹介した5つのボトルフラワーよりもお値段が高いボトルフラワーになります。

写真のボトルフラワーは、13.5×13.5㎝のサイズで11,000円とプレゼントとしては尻込みしてしまう金額ですが、紹介したボトルフラワーに比べるとデザインは洗練されており、まるで美術品のような逸品。特別な日に祝う・贈るのにふさわしいボトルフラワーと言えます。

まとめ

この記事では、シリカゲルで乾燥させることによって、本来の色をそのまま残せるボトルフラワーについてご紹介しました。

現在通販されているボトルフラワーには、プリザーブドフラワーのボトルフラワーも混在している状態です。

本来の色をそのまま残しているボトルフラワーと着色している人工的な色のプリザーブドフラワーとでは色合いも違ってくるため商品説明を確認することをおすすめしています。

小さなガラス瓶に花で彩るボトルフラワー。大切な方に贈るからこそ、ご自身でボトルフラワーを作って贈ってみるのもいいかもしれません。